婦人科

web予約はこちらから

子宮がん検診

1年に1回の子宮がん検診をお勧めいたします

子宮がんは早期に発見し治療すれば治すことのできるがんと言われています。
ごく初期の頚がんであれば子宮を残す手術により妊娠も可能です。

検診では、がんになる前の「前がん病変」や子宮筋腫・卵巣腫瘍などの病気を見つけることもできます。自覚症状がなくても定期的に検診を受けて早期に発見することが大切です。

子宮がんの種類

子宮頚がん

性行為によるHPV感染が原因で20代の女性で増加傾向にあります。自覚症状がなくても検診をお勧めします。

子宮体がん

更年期に入り主に卵巣機能低下に伴う内膜増殖症から進行することが多いがんです。不正出血があれば早目の受診をお勧めします。

子宮がんの検診方法

検査はブラシや綿棒などで子宮頚部(子宮の入り口)をこすって細胞を採取して調べます。痛みはほとんどなく時間的にも身体的にも負担の軽い検査です。
子宮体がん検診の場合は、子宮奥の子宮内膜細胞を採取する必要があるため少し痛みを感じる場合があります。
どちらの検診も異常が認められた場合は精密検査に進み、その結果によって経過観察か手術を行うかを考えることになります。

月経異常

快適な生活を送るために

月経とは通常一ヶ月の間隔で起こり、限られた日数で自然に止まる子宮内膜からの周期的出血です。
月経の間隔や月経量の異常を来した場合月経異常といいます。原因は生活習慣やストレスなどのほか、冷えや体重の急激な変動などからくるホルモンバランスの乱れなど様々です。
月経にトラブルがあれば、早く解消して毎日を快適に過ごしましょう。

月経異常の種類

無月経・過多月経・過少月経・頻発月経・希発月経など

月経異常の治療

生理にまつわる諸症状は多くの女性が悩まされる問題です。
ホルモン検査により異常や障害の原因を特定できれば、適切に治療を行うことができます。
日頃から自分の月経周期を確認し把握しておき、おかしいなと思った時はご相談ください。

避妊

望まない妊娠をしないために

妊娠を望んでいない時期に予期せず妊娠してしまった場合、女性だけでなく相手のライフプランも揺るがす問題に発展します。どうしても産むこと・出産することが出来ない場合、女性は心もからだも大きなダメージを受けます。そうならないためにも医師やパートナーと相談し、様々な避妊法から個々のメリット・デメリットをよく理解した上で、納得できる避妊方法を選びましょう。

避妊方法の種類

低用量ピル(OC)

正しく服用すれば極めて避妊効果が高く、安全性が認められています。

リング(IUD)

子宮腔内に挿入して妊娠を防ぐ器具をIUDといいます。当初はリング状の器具を入れていましたが、現在はより効果的で 副作用が少ない形状のものや、過多月経を改善する治療を兼ねたIUDもあります。

緊急避妊薬(アフターピル)

緊急避妊薬とは「避妊できなかった」「避妊に失敗した」などの場合、服用により対処する避妊法です。緊急の方法ですので効果は100%ではありませんが、服用方法をきちんと守れば高い効果を得ることができます。
性交後、72時間以内に服用しなければ効果がありません。ご希望の方は診療時間内にお問い合わせください。

更年期障害

原因不明のからだの不調を改善します

45~55歳の閉経前後に起こる日常生活に支障を及ぼす心身の不調が更年期障害です。
更年期障害は、閉経にともない卵巣の働きが衰え、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が急激に減少することで起こります。

更年期障害の症状

心の症状

不安感・不眠・気分の落ち込み・情緒不安・イライラ・頭重感・食欲不振など

からだの症状

肩こり・疲労感・頭痛・ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)・腰痛・関節痛・発汗・めまい・動悸・外陰部違和感・性交障害・頻尿・排尿障害・吐き気・乾燥感・かゆみなど

更年期障害の治療

ホルモン補充療法(HRT)

低下したエストロゲンを内服・注射・皮膚に直接ゼリーを塗り皮膚吸収などにより補う治療法です。

漢方治療

心身のバランスを整え、めまい・イライラなど様々な不定愁訴に有効です。

その他

婦人科では下記の様な疾患が対象となります

良性疾患

腟炎・外陰炎など(性行為感染症)・子宮筋腫・卵巣腫瘍・子宮腺筋症・子宮内膜症・子宮脱・バルトリン腺嚢胞・子宮奇形など

悪性疾患

子宮頚がん・子宮体がん・子宮肉腫・卵巣悪性腫瘍・外陰悪性腫瘍など